本町 医ど歯た通信 はじめました

本町医ど歯た通信/井戸端

 

本町 医ど歯た通信 はじめました

こんにちは。総務の明野です。 久しぶりの更新となりました。

さて、今回は 月に1回、皆さまの役に立つ身近な情報を発信しようという試み。 思いきったネーミングにしてみました。

 【 医ど歯た通信 (いどばたつうしん)】

井戸端会議ってありますよね。

人が集まって世間話や噂話をする、あの光景です。

趣旨が「身近で役立つ情報の発信」ですから

ノエルクリニックの特色「医」「歯」を組み込んでみました。

内容は医科、歯科、薬局、食事に関する4つの項目です。

第1回目ということで、平成27年4月号のトピックとともに担当者をご紹介します。

 

まずは、【 医 】

担当はもちろん ノエルクリニック医科院長の佐藤晴瑞

 『心不全ってどんな病気』

心不全というのは病気の名前ではなく、 心臓の力が弱っている状態を言います。

その症状は、息切れと足のむくみです。 進行すると呼吸困難で横になれなくなるため、

夜間の咳や息切れは心不全のサインとなります。 原因は心臓の病気が主ですが、

高血圧や貧血、甲状腺疾患、腎不全、 時には水分の取りすぎも心不全の原因になり得ます。

 

続いて、【 歯 】

担当はもちろん ノエルクリニック歯科院長の佐藤哲大

 『歯周病と歯槽膿漏ってなにが違うの?』

歯周病と歯槽膿漏、テレビのコマーシャルでよく流れてますよね?

患者様にもよく聞かれますが、答えは一緒!! (詳しくはここには書ききれませんが)

歯周病は人類史上最も感染者数の多い感染症とされ、

ギネス・ワールド・レコーズに載っております。

 

 お次は、【 薬 】

担当は本町ビル1階の ひなた調剤薬局の薬剤師 栗脇倫也

(ノエルクリニックの当プロジェクトにご協力頂きました)

 『クスリはどのくらい長持ちするの?』

お薬も食べ物と一緒で有効期限があります。 開封後の薬の期限は、正しい保管で 約6ヶ月が

目安だと言われています。 しかし、薬によって長持ちするものもあれば、 湿気などによって

半年も持たないものもあります。 特に「目薬」や「シロップ剤」は細菌が混入すると、 薬剤

の水分や糖分でどんどん繁殖することもあるので、 長く使わなくなった場合は、惜しまず廃

棄してください。 詳しくは薬局にご相談を!

 

 最後にこちら、【 食 】

担当は ノエルクリニック管理栄養士の埜下瑛世

 『太っている人はみんな “ メタボ ” ?』

最近よく耳にする、“メタボ(メタボリックシンドローム)” 皆さんは、単に太っている人の

ことだと思っていませんか? 腹囲(男性:85cm以上、女性:90cm以上)かつ、 高血圧・

高血糖・高脂血症のうち2つ以上 を合併した状態を“メタボ”と言います。 “メタボ”の原因の

多くは、 食生活や生活習慣の乱れだと言われていますが、 皆さんは自分の食生活・生活習慣

に自信がありますか?


 

いかがですか? 手に取り読んで頂くにはちょうどいいサイズではないでしょうか。

ちょこっとだけつまみ食いのお役立ち情報、 以上の4つの項目で毎月お送りして行こうと思います。

あれ?やっぱりバレテマスヨネ・・・・。

「医」「歯」「薬」「食」と来て 「編」です。 編集役の明野です。 「編む」という言葉が好き

なので、前向き考えて担当させて頂きます!!

 それでは、【 編 】

担当はわたくし ノエルクリニック総務の明野裕一

 本町 医ど歯た通信 はじめました』

堂々の発行です。ノエルクリニックとひなた調剤薬局との合同企画が実現。 患者様との

繋がりを大切にしたいと思い、皆様に役立つ身近な情報を 月に一度発信して行こうと思っ

ております。 ふむふむ!へぇ~!なるほど!を提供します。

 

4月より院内または院外のA型看板、そして ひなた調剤薬局にて配布致します。読んで頂

き、ご感想などお聞かせいただけると助かります。反響がありましたら、また次回のお知

らせにてお伝え致します。


投稿者:明野裕一