医ど歯た通信 Vol.16~7月号~

本町 医ど歯た通信7月号

現在、院内にて好評配布中です

数に限りがありますが、バックナンバーもあります。

ご希望の方は、お気軽にお声かけ下さい。

今回もちょっとつまみ食いのお役立ち情報

みなさん是非手に取りご覧になってくださいね

さて、今回の内容は…

看護師/歯磨き/動脈硬化

 

(ノエルクリニック 看護師 山口幸美)

「きっかけ」

私がなぜ看護の道に進んだのか…

私が中学生だった頃の話になります。当時の私は大変涙もろく、友達や学校の先生、家族にずっと支えても

らっていました。支えてもらっている中、「いつかこの恩返しがしたい」「人の役に立つ仕事に就きたい」

…いつしか私はそんな風に考えるようになりました。そんな自分の考えと、介護士の仕事をしていた母や、

周りの薦めもあって、私は看護師の道を目指すことになりました。看護師になった今、嬉しいこともたくさ

んありますが、その反面悲しいこと、時には挫けそうになるようなこともたくさんあります。それでも私は、

この仕事が大好きです。看護の道を選んでよかったと思っています。これからも、“患者様に寄り添った看護”

をモットーに日々頑張りたいと思っていますので、皆様よろしくお願い致します!

 

(ノエルクリニック 歯科衛生士 篠崎真理)

「歯磨き粉の代わりに…」

そろそろ海水浴の季節ですね。

泳いでいたら、海の水が口に入って“しょっぱかった”そんな経験ありますよね。しょっぱい原因は「塩分」

ですが、昔は塩を使って歯磨きをしていたってご存知ですか?今でも「塩で歯を磨くと、歯が白くなる」な

んて聞いたことはありませんか?天然塩を使った歯磨きは、歯茎を引き締め、口臭を改善する効果がありま

すが、歯の黄ばみや汚れは落とせないので、歯が白くなることはありません。また、塩で歯を磨くと、歯茎

から余計な塩分を吸収してしまいます。過剰な塩分摂取は、動脈硬化を引き起こす原因ともなるため、塩を

使った歯磨きはお勧めできません。ノエル歯科では、歯の治療やメンテナンスだけでなく、その人に合った

歯ブラシや歯磨き粉選びのお手伝いもしています。

自分に合った歯磨きセットで健康な歯を目指してみませんか?

 

(ノエルクリニック 事務 上甲由紀)

「健康診断を受けてみませんか?」

病院を受診する理由の多くは「生活習慣病」

だということをご存知ですか?生活習慣病とは、食事・運動・ストレス・喫煙・飲酒などの生活習慣がその

発症や進行に深く関与する病気の総称です。例えば、糖尿病や高血圧症、肥満、心臓病などがあります。健

康だから「病院へ行かない・必要ない」という人もいると思いますが、そんな人にこそお勧めしたいのが

「健診」です。よく耳にするのは、松山市国民健康保険に加入している40~74歳の方を対象とした「特定健

康診査」(特定健診)です。その他にも、職場等で健診を受ける機会の無い方を対象とした「18歳からの健

診」や「後期高齢者健診」、松山市在住の方すべてを対象に「ガン検診」など、年齢や年代ごとに健診を受

けることが出来ます。

生活習慣病など病気の予防に、年に1度の健診を受けてみてはいかがですか?

 

(ノエルクリニック 看護師 吉田美穂)

「子どもの感染対策」

7月…これから暑くなる時期ですが、今回は

子どもが夏によくかかる病気についてお話したいと思います。私にも5歳と7歳の娘がいますが、2人共0~3歳

まではたくさん病気をもらいました。生後1年で職場復帰をし、看護師として働いていたので、熱が出るたび

に保育所から電話がかかってきたのを覚えています。夏に子どもがかかる病気はたくさんありますが、多いの

が「手足口病」「プール熱」「ヘルパンギーナ」などウイルスが原因の感染症です。特に娘がよくかかったの

は「手足口病」です。原因はウイルスで、感染経路は飛沫感染、接触感染、糞口感染です。感染し3~5日後に

口の中や手のひら、足底などに水泡ができます。あまり重症化はしませんが、まれに髄膜炎や脳炎などの合併

症を引き起こすことがあります。保育所など集団生活では、手洗いや適切な排泄物の処理が有効な予防策です。

あっという間に過ぎていく夏ですが、たくさん楽しんで!元気で!暑い夏を乗りきりましょう!


いかがでしたか?

7月号といえば「七夕」ですね。

輝く星空に流れる天の川、1年ぶりの再会を喜ぶ織姫と彦星…7月の医ど歯た通信には、そんな2人のイラスト

を使用しました。7/7は七夕でしたが、皆さんは願い事をしましたか?ノエルクリニックでは8/7まで、院内

に笹を飾っています。ご来院の際はぜひ短冊を書いてくださいね。

来月号もお楽しみに!

 
ノエルクリニック心臓血管外科 歯科:埜下