診察室では伝えきれないこと Vol.33~11月号~

 

虫歯/奥歯/蓄膿症

その痛み、本当に歯が原因ですか?~その1

 

          患「先生、3日前から歯が痛くて・・・私、虫歯はないはずなのに治らないんです。」

          私「どんな時?」

          患「特に、上向いた時に上の奥歯が痛いんです。」

          私「最近、風邪ひいてない?鼻詰まってないか?」

          患「・・・そういえば」

          私「CT撮って見たらきっと分かるよ。」


この会話、ちょっと医師と患者さんの会話にしたら雑かもしれません。

実は従業員の歯科衛生士さんと私との会話です。 この後院内でCT撮影した

結果は「上顎洞炎(じょうがくどうえん)」。原因は歯ではありません。

副鼻腔の一つ、上顎洞の炎症が上の歯の根っこの近くで起こるため

患者さんは、歯が痛く感じるんです。 なぜ今回このテーマを取り上げたかというと、

プロの歯科衛生士でさえ(副鼻腔炎)上顎洞炎を歯が痛いと思ってしまうから。

それでは副鼻腔炎とは?

副鼻腔とは鼻腔と通じている空洞のこと、そこに炎症が起きることを

副鼻腔炎と呼びます。「蓄膿症」ってよく聞くと思います。副鼻腔は

鼻の周囲にあり、鼻の脇からおでこの部分にかけて4つ。 副鼻腔炎には

歯が原因で起こる「歯性上顎洞炎」と、鼻づまりなど鼻が原因で起こる

「鼻性上顎洞炎」があります。今回のケースは「鼻性」ですね。前述した

ように副鼻腔にはいくつかあるのですが、特に副鼻腔の中でも上顎洞が

上顎の歯に近く、今回のテーマのような臨床例がよくあります。

その痛み、本当に歯が原因ですか~その1~。実は「その2」「その3」も

今後小出ししていく予定です。お楽しみに。


ノエルクリニック心臓血管外科 歯科